Skip to content

リースバック契約の仕組みを理解するには

リースバック契約の仕組みを理解すれば柔軟な資金調達が可能になります。状況に応じて最適なプランを選んで資金調達を行えば、スムーズな事業運営を行うことができます。設備投資や事業の拡大、市場への新規参入などに資金が必要な場合にはこの仕組みを活用するのがおすすめです。担保や保証人は必要なく厳格な審査もないため迅速に多額の資金を調達できるというメリットがあります。

多くの企業や個人がこの仕組みを利用してビジネスチャンスを掴んでいます。リースバックは不動産の売買契約と賃貸借契約を同時に締結する点に特徴があります。不動産を売却しただけでは、外観上も権利上も所有者が変わってしまいます。この仕組みを利用した場合、所有権は専門の会社に移りますが賃料を支払って不動産を使い続けることが可能です。

外観上の所有者を変えることなく多額の資金を調達できるというメリットが存在します。見かけ上は以前と変わらず不動産を使い続けることができるため、周囲に経済状態を知られる心配がありません。不動産の売却価格は市場価値に基づいて算出されます。賃貸借契約では賃料だけでなく支払いのスケジュールや期間、賃料の調整方法などを決定します。

リースバック契約を締結した場合、不動産の運用リスクを買主である専門の会社に移すことが可能です。維持管理やテナントの選定などの作業は専門の会社が行います。メンテナンス費用や税金などを支払わずに不動産を使い続けることができる点も大きな魅力です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です