Skip to content

リースバックの仕組みを理解して金銭的な負担を減らす

すぐに借金を返済しなければ金利が大きくなりすぎて、完済できるか心配な時などに、自宅を売却してから賃貸物件として暮らせるのがリースバックの仕組みです。多くの資金を一度に得られるので借金の返済などの負担が減らせて、大きな借金があるという不安を解消してから今後の暮らしについて考えられます。借金がある人だけではなく老後の暮らしに不安がある人が、リースバックの仕組みを知って自宅を売却することを決めた例も少なくありません。一戸建て物件だけではなくマンション物件も売却の対象となっており、自宅を売ったことが周囲に知られる心配がないのも利点です。

引っ越しを済ませてから自宅を売却する必要もないので、手続きがスムーズに終わるという点でも、リースバックの仕組みは注目を集めています。売却後は自宅の名義を変更する必要があるのは意識しておきたい点で、自宅を子どもに相続したいと考える人は注意してください。住宅の広さや立地によって賃料が大きく変わる場合もあり、家賃がいくらになるのか計算してから売却の手続きを進めることを推奨します。家族が病気を患って高額の医療費を支払うことになり、生活費が足りない時にもリースバックの仕組みを調べてください。

相続対策を早い段階で進めて、節税効果を実感したい場合も自宅の売却を検討することをおすすめします。住宅を現金化することで分割相続の負担が減り、相続に関する法的な問題が起こりにくいのもメリットです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です